会社やめたい病

思考と身体を緩めてストレスマネジメント・パフォーマンスアップ

HeartBodySoul コーチングセラピーの横田です。

 

新卒で入社した会社で

入社式の次の日から来なくなった同期がいました。

 

それを見て、ああ、会社ってずっと続けなくてもいいんだ

そんなことを感じました。

 

そのせいで、という訳ではありませんが

私自身も、

コーチング、カウンセリングなど

心や身体の学びをするまでは

長く同じところに勤めることができなくて

職場を変わって少しすると、

 

他に行けばもっといいことがある

楽になる

もっと、この不満に思っていることが解消される

 

そんな風に思って、職務内容は同じですが

社員・派遣・パートと勤務状況を

変えながら職場をいくつか変えていました。

 

でも、途中で

(体調の不良からの気づきで)心のことも少し見直していったら

自分がそれを起こしている原因に気づきを持たなければ

同じことを繰り返すだけだと気が付きました。

 

私の場合、仕事を完璧にしなければならないという思いが強く

いつも精神的にいっぱいいっぱいになり

疲弊してしまう。

 

新卒で入った会社では、

それまで男性がやっていた仕事を任され

経理の残業娘といわれ

同期が定時で帰宅するのを横目に毎日9時まで残業

 

職場を変えても、いつも仕事量が多くて疲弊

、、だから続けられないという、言い訳をつくっていました。

 

思考は現実化すると言いますが

自分がこころの深い部分 潜在意識で思っていることは

場所や時間を変えても、同じように同じような状況を作り出す

 

誰かに頼ることができない

業務手順を客観的に見直すことをしない

他に気を取られ、集中力がかけていたので

常に終わったことについての不安が残る

知識量の少なさが自身のなさにつながっていた

間違いを指摘される恐怖

 

 

そんな事が原因だったのだと

何年も経過した後、振り返り納得しました

 

まずは、自分自身がその仕事、その作業で何をするのか

だれの役に立つのか

そこに意識を向けるだけでも

仕事への視点が変わると思います。

 

また、私の場合は身体も緊張が抜けず

不調という症状で教えてくれていましたが、

そこを改善することと、

仕事をどうやって行くか、どうしたら快適になるのか

こころの部分は別物でした。

 

もし、あなたも、今

会社やめたい病にかかっていたら

外への不満の前に

まず少しでもご自身に目を向けることを始めたら

今している仕事に対する視点が変わるかもしれません。

 

仕事を辞めることは簡単かもしれません。

でも、

ここが嫌だからやめる、ではまたきっと同じ状況を作り出す。

 

だから

これがしたいから、今の職場にいたらできないからやめる

 

その選択ができないのなら

もう少し丁寧にご自身を、ご自身のお仕事を見直すことが

処方箋になるのではないかと思っていますが、いかがでしょうか。。